~ 横浜市旭区 放課後等デイサービス STELLAKID(ステラキッド) 鶴ヶ峰教室 ~  

STELLA KID(ステラキッド)【見学・体験受付中】放課後等デイサービスとは?

こんにちは。
放課後等デイサービスSTELLA KID(ステラキッド)鶴ヶ峰教室です。
新しい年を迎え、STELLA KID(ステラキッド)では毎日のようにお問い合わせや見学の申し込みをいただいております。

しかし、中には「放課後等デイサービスって何?」「学童とは違うの?」「通うのに必要なものって何?」などの質問もよく耳にします。
そこで今回は、『放課後等デイサービス(放デイ)』とは何かについて、大まかなものではありますが、お話させていただきたいと思います。

放課後等デイサービスとは?

放課後等デイサービスは、障害のある児童(小・中・高校生)が放課後や学校休業日に通う事が出来る施設の名称です。
その目的は、生活能力向上のために必要な訓練、社会の交流の促進、その他必要な支援とされており、その内容は教室(事業所)ごとに様々です。
また、障害を抱えるお子さんたちに放課後の居場所を提供することにより、有意義な余暇活動を提供したり、お仕事をされている保護者の方々をサポートする(家庭支援・レスパイトケア)側面もあることから、「障がい児の学童」と呼ばれる事もあります。

放課後等デイサービスにおける人員について

放課後等デイサービスでは主に以下のような人員が配置されています。

  • 管理者
    原則として専ら当該事業所の管理業務に従事するものです。
  • 児童発達支援管理責任者
    お子さんの成長や発達の度合いに応じて、ご家庭や関係機関と連携をとりながら療育を推進するリーダーです。
    個別支援計画の作成をはじめ、スタッフへの助言・指導に携わります。
  • 児童指導員または保育士
    施設・事業所によって異なりますが、子どもたちの自立と社会参加を見据えて必要な支援をおこなう現場の指導者です
    具体的には、個別支援計画に基づく療育の実施・個別支援計画の作成補助・学習の補助(就学中の場合)・支援記録の作成・保護者対応・送迎(添乗)などとなります。
  • その他、機能訓練担当職員・看護職員
    その他、施設・事業所の性質と必要性に応じて、機能訓練担当職員、看護職員などが配置されています。

放課後等デイサービスに通うためには

放課後等デイサービスなどの障害児通所支援施設を利用するためには、市区町村から交付される「受給者証」が必要となります。
受給者証を取得することにより、施設を利用した利用料の9割が自治体によって負担されます(施設の利用料金はスタッフの人数や所有資格により異なります)。
障害者手帳と混同されてしまうことが多々ありますのでご注意ください。
一般的に市区町村の担当課に足を運んでいただき、諸々の書類作成および、面接(お子さんが同席するケースもあります)を経て、概ね2週間ほどでご自宅に郵送される運びとなります。
施設の利用日数を増やすなどの手続きにも受給者証は必要になります。

おわりに

放課後等デイサービスSTELLA KID(ステラキッド)では、お子さんの支援ばかりではなく、ご家庭の疑問や不安についても可能な限り寄り添い、二人三脚の気持ちでお子さんの育ちをサポートさせていただいております。
こちらのサイトをお読みになってまだ質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
たくさんのお問い合わせお待ちしております。


********************************************************当教室では
・読み・書き・文章が苦手
・数字・計算・時計が苦手
・宿題の取り組みが困難
・学校に行きたがらない
・進級・進学が不安
・じっとしていられない
・こだわりが強い
・感情の調整が難しい
・人の気持ちを読むことが難しい
・お友達とのトラブルが多い
・抽象的な表現が苦手
・不器用
・視線が合わない
などの保護者の方々・お子さんの困り感をサポートいたします。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育が受けられます。
まずは市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、児童発達支援事業所と同じく障害児通所支援事業に属する療育施設であり、「放デイ」などの略称で呼ばれる場合もあります。

放課後等デイサービス STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
→https://stellakid.yokohama/
児童発達支援事業所 STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
→https://www.stellakid.com/
一般社団法人KID-Gのホームページはこちら
→https://www.kid-g.com/

住所:横浜市旭区白根5−10−1 AOKIYA BLD 302号室

関連ワード:児童発達支援・放課後等デイサービス・療育・療育センター・通級教室・特別支援教育総合支援センター・小学校が不安・勉強が苦手・運動神経が悪い・保育園・幼稚園・障害・発達障害・自閉症スペクトラム・ASD・注意欠陥多動性障害・ADHD・学習障害・LD・知的障害・グレーゾーン・視線が合わない・先の見通しがないと不安・視覚優位・聴覚優位・感覚過敏・距離が近い・いきしぶり・気持ちが読めない・表情が読めない・空気が読めない・不器用・体幹が弱い・筆圧が弱い・言葉のキャッチボール・マイペース・好きなことだけ話す・語彙が少ない・言葉の遅れ・勝ち負けにこだわる・一番じゃないとだめ・癇癪・感情の調整・クールダウン・アンガーマネジメント・こだわり・友達ができない・チック・おねしょ・偏食・暴力・手が出る・おちつきがない・座っていられない・話を聞けない・忘れ物が多い・儀式的な行動・声の大きさ・個別支援級・特別支援級・自傷