~ 横浜市旭区 放課後等デイサービス STELLAKID(ステラキッド) 鶴ヶ峰教室 ~  

STELLA KID(ステラキッド)【見学・体験受付中】トークン・エコノミー法について

こんにちは。
放課後等デイサービスSTELLA KID(ステラキッド)鶴ヶ峰教室です。

本日は当教室で取り組んでいる『トークン・エコノミー法』についてご紹介します。

トークン・エコノミー法とは

トークン・エコノミー法とは、「頑張ったら良いこと(トークン=ご褒美)がある」というポジティブな経験を積み重ねることにより、お子さんのモチベーションを高め、良い結果を導き出そうとする療法のことです。

お子さんの療育においては「トークン・カード」あるいは「トークン・シート」などの名称で活用されることが多いですが、療育現場にかかわらず、お買い物をすることでポイントが貯まっていくポイントカードなども「トークン・カード」の一つです。

トークン・カード(シート)

ステラキッドのトークンカード

ステラキッドでも上のような「トークン・カード」を使用しています。
認知機能強化トレーニングや宿題など、お子さん一人ひとりに見合った課題設定を行い、課題をクリアできたらシールやスタンプをもらうことができます。
お子さんの課題によっては、写真の空欄のように目標タイムのある課題に取り組んだり、ミスをしないように意識できるよう工夫するなどして取り組みます。
さらにスタンプなどが最後までたまると、素敵なご褒美と交換できます!

トークン・エコノミー法のメリット

トークン・エコノミー法の説明を聞くと、「それって目の前に人参ぶら下げてるだけじゃない?」と誤解される方もいます。

しかし、療育の現場におけるトークン・エコノミー法は、「〇〇をさせる」という誘導を目的としているものではなく、以下のようなメリットを期待して執り行われています。

【メリット①】
カードなどを用いることによって、自分の頑張りや積み重ねてきたものを視覚化できる。
上達の実感

【メリット②】
視覚化されたことで周りの人にも頑張りが伝わりやすく、褒められる機会が増える。
自信の獲得・自己肯定感の向上

【メリット③】
最初はご褒美目当てであっても、継続し、頑張りを実感することで、目標に向かって積み重ねていく力自分を制する力(セルフコントロール)を向上させることができる。

トークン・エコノミー法のポイント

トークン・エコノミー法はとてもシンプルで、お子さんのモチベーションや自信の獲得、セルフコントロールの向上など様々なメリットがあります。
次は、トークン・エコノミー法のポイントをご説明します。

【ポイント①】ルール説明をしよう
トークン・カードを使うお子さんにカードの使い方を説明しましょう。
目標を一緒に確認し、できたらシールやスタンプがもらえることや、シールやスタンプがたまるとご褒美がもらえることを説明しましょう。
トークン・エコノミー法はお子さん自身が主体となって取り組んでいるという実感が大切になりますので、大人が一方的に取り組んでも意味はありません。そのため、シールもお子さんの手で貼らせてあげるとよいでしょう

【ポイント②】目標設定は適切に
トークン・エコノミー法はお子さんのモチベーションも大切なため、無理な課題設定をしても続きません。
お子さんが毎回無理なく取り組める難易度や頻度のものを目標として設定しましょう
小さな成功体験の積み重ねが肝心です。

【ポイント③】褒めることを忘れない
カードにシールやスタンプを押すときは忘れずに褒めてあげましょう。
「今日も頑張ったね。もうシール◯個も貼ったね」
「あと◯個でゴールだね」などで十分です。
中には継続的に取り組んでいても、そのことを実感しにくいお子さんもいます。
そうしたお子さんにこれまで頑張ってきた軌跡やあとどのくらいでゴールに到達するかなどを伝えてあげることによって、お子さん自身が努力を実感するサポートをしてあげましょう。

おわりに

当教室では、今回ご紹介したトークン・カードを全てのお子さんが使っています。
お子さんごとに目標設定はバラバラで、
「宿題を頑張る」
「認知機能強化トレーニングで1分を切る」
「勉強の時間は立ち歩きをしないで集中する」など、
お子さんの今抱えている課題を保護者様やお子さん自身と相談して決めています。
小学生のお子さんはシールやスタンプが大好きなので、可愛いシールや綺麗なシールも取り揃えております。

興味をお持ちになりましたら、当教室までお気軽にご連絡ください。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

*****************************************************************
当教室では
・読み・書き・文章が苦手
・数字・計算・時計が苦手
・宿題の取り組みが困難
・学校に行きたがらない
・進級・進学が不安
・じっとしていられない
・こだわりが強い
・感情の調整が難しい
・人の気持ちを読むことが難しい
・お友達とのトラブルが多い
・抽象的な表現が苦手
・不器用
・視線が合わない
などの保護者の方々・お子さんの困り感をサポートいたします。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育が受けられます。
まずは市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、児童発達支援事業所と同じく障害児通所支援事業に属する療育施設であり、「放デイ」などの略称で呼ばれる場合もあります。

放課後等デイサービス STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
https://stellakid.yokohama/
児童発達支援事業所 STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
https://www.stellakid.com/
一般社団法人KID-Gのホームページはこちら
https://www.kid-g.com/

住所:横浜市旭区白根5−10−1 AOKIYA BLD 302号室
TEL:045-442-3097
FAX:045-442-3098

関連ワード:児童発達支援・放課後等デイサービス・療育・療育センター・通級教室・特別支援教育総合支援センター・小学校が不安・勉強が苦手・運動神経が悪い・保育園・幼稚園・障害・発達障害・自閉症スペクトラム・ASD・注意欠陥多動性障害・ADHD・学習障害・LD・知的障害・グレーゾーン・視線が合わない・先の見通しがないと不安・視覚優位・聴覚優位・感覚過敏・距離が近い・いきしぶり・気持ちが読めない・表情が読めない・空気が読めない・不器用・体幹が弱い・筆圧が弱い・言葉のキャッチボール・マイペース・好きなことだけ話す・語彙が少ない・言葉の遅れ・勝ち負けにこだわる・一番じゃないとだめ・癇癪・感情の調整・クールダウン・アンガーマネジメント・こだわり・友達ができない・チック・おねしょ・偏食・暴力・手が出る・おちつきがない・座っていられない・話を聞けない・忘れ物が多い・儀式的な行動・声の大きさ・個別支援級・特別支援級・自傷