~ 横浜市旭区に 放課後等デイサービス STELLAKID(ステラキッド) 鶴ヶ峰教室 新規オープン! 【見学・体験受付中】~

発達障害を抱える人々の生活のヒント

こんにちは。
放課後等デイサービス STELLA KID鶴ヶ峰教室です。

今回は「発達障害を抱える人々の生活のヒント」というテーマでお送りいたします。

発達障害は脳機能に起因する障害であり、本人の努力だけではなかなか改善されません。

f:id:stellakid01:20190430112108j:plain

そうした方々が、複雑な現代社会で豊かな生活を確保するためには、どうしたらよいでしょうか。

①周囲の理解を得る

いきなり間接的な内容と思われるかもしれませんが、社会で生きていく上で発達障害がどれだけ理解されているかというのは非常に大切です。
近年テレビ等で発達障害の特集が組まれているのも、発達障害を抱える当事者の周りの人間が発達障害について理解が足りないため、様々なトラブルが怒っているというデータが顕著に示されているからにほかなりません。
そうした意味ではメディアによる発達障害の啓蒙活動は非常にありがたいものです。

f:id:stellakid01:20190502114315p:plain

②発達障害の自己理解

社会全体が少しずつ発達障害に目を向け始めている現代ですが、当事者である本人が自己の発達の凸凹について正しく理解していなければ、自分の特性のために苦手な場面にぶつかった時、誰かに助けを求めることができません。
しかし、多くが乳幼児期から発現している発達障害では、お子さん自身が「自分は発達障害かも」と気づくことはできません。
したがって、お子さんの発達に疑問や不安を感じた場合は、学校の先生、もしくは専門機関に相談し、早期発見を心がけることが大切です。

f:id:stellakid01:20190502114601p:plain

③それぞれの特性にあった環境的支援

発達障害による特性や凸凹は一人ひとり異なるため、一概に「こうすれば良い」という支援方法は存在しません。
しかし、オーソドックスなところでいうと
「特性を理解し共感すること」
「小さな到達目標を設定し、できたことを褒めること」
「特性に応じた理解しやすい仕組みを作ること」
という支援方法が基本となります。

f:id:stellakid01:20190502114712p:plain

④保護者の相談窓口を見つける・相談できる友人を持つ

発達障害は目で見える特徴がわかりにくいため、お子さんが発達障害を抱えている場合でも「うちの子は大丈夫」となかなか障害を受け入れられない保護者の方がいらっしゃいます。

お気持ちはとてもよくわかりますが、どうか冷静になってお子さんを見つめ直してください。そして、もし気になることがある場合は抱え込まず、相談機関を見つけてご相談ください。

f:id:stellakid01:20190502114752p:plain

*******************************************************************************
当教室では
・読み・書き・文章が苦手
・数字・計算・時計が苦手
・宿題の取り組みが困難
・学校に行きたがらない
・進級・進学が不安
・じっとしていられない
・こだわりが強い
・感情の調整が難しい
・人の気持ちを読むことが難しい
・お友達とのトラブルが多い
・抽象的な表現が苦手
・不器用
・視線が合わない
などの保護者の方々・お子さんの困り感をサポートいたします。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育が受けられます。
まずは市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、児童発達支援事業所と同じく障害児通所支援事業に属する療育施設であり、「放デイ」などの略称で呼ばれる場合もあります。

放課後等デイサービス STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
https://stellakid.yokohama/
児童発達支援事業所 STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
https://www.stellakid.com/
一般社団法人KID-Gのホームページはこちら
https://www.kid-g.com/

住所:横浜市旭区白根5−10−1 AOKIYA BLD 302号室

関連ワード:児童発達支援・放課後等デイサービス・療育・療育センター・通級教室・特別支援教育総合支援センター・小学校が不安・勉強が苦手・運動神経が悪い・保育園・幼稚園・障害・発達障害・自閉症スペクトラム・ASD・注意欠陥多動性障害・ADHD・学習障害・LD・知的障害・グレーゾーン・視線が合わない・先の見通しがないと不安・視覚優位・聴覚優位・感覚過敏・距離が近い・いきしぶり・気持ちが読めない・表情が読めない・空気が読めない・不器用・体幹が弱い・筆圧が弱い・言葉のキャッチボール・マイペース・好きなことだけ話す・語彙が少ない・言葉の遅れ・勝ち負けにこだわる・一番じゃないとだめ・癇癪・感情の調整・クールダウン・アンガーマネジメント・こだわり・友達ができない・チック・おねしょ・偏食・暴力・手が出る・おちつきがない・座っていられない・話を聞けない・忘れ物が多い・儀式的な行動・声の大きさ・個別支援級・特別支援級・自傷

目次
閉じる