~ 横浜市旭区に 放課後等デイサービス STELLAKID(ステラキッド) 鶴ヶ峰教室 新規オープン! 【見学・体験受付中】~

手先が不器用

こんにちは。
放課後等デイサービス STELLA KID(ステラキッド)鶴ヶ峰教室です。

今日はお子さんの手先の不器用さの原因、についてお話させて頂ければと思います。

不器用さの原因

一言で手先の不器用さと言っても、原因は色々考えられます。

①経験不足
②イメージ不足
③要所が抑えられていない
④道具の選択ミス
⑤体幹などの筋力不足
⑥視空間認知機能がうまくはたらいていない
⑦協調運動が苦手

等が原因として挙げられます。


①経験不足

手先を使う作業をする経験が少ないことが原因で不器用になっている可能性があります。

手先だけでなく様々なことに言えますが、実際に手先を使う作業(はさみで工作をする等)に取り組む中でその為に必要な神経感覚、筋力、知識が身についていきます。

はさみをほとんど使ったことがないお子さんがはさみでの作業が不器用であれば、
まずははさみを使う経験を積ませることが必要になります。

f:id:stellakid01:20190625134507j:plain

この際に重要なのは、成功体験をしっかり積ませてあげることです。

はじめはうまくいかないのは当たり前です。そこで怒られてお子さんが苦手意識を持ってしまうと、はさみを使うことに消極的になったり、拒否をするようになってしまう恐れがあります。

そうなってしまうと経験を積む機会も少なくなり、悪循環に陥ってしまいます。

②イメージ不足

①の経験不足とも関連してきますが、お子さんの中で作業の進め方のイメージが出来ていないことが、不器用さに繋がっている可能性があります。
成功体験を積むことで、「はさみはこう使えば良い」「こうすればうまくいく」という見通しがお子さんの中に出来ていると、そのイメージを道しるべに作業を進めていくことが出来ます。

③要所が抑えられていない

はさみであれば「はさみの持ち方」や「紙の抑え方」「曲がり角の切り方」等、
大事な要所を抑えられていれば、そこに集中すれば良いのですが、
要所がわかっていないと、必要ない場所で慎重になってしまったり、
慎重になるべき場所で雑になってしまうことで作業がうまくいっていない可能性があります。
①②とも繋がる部分ですね。

④道具の選択ミス

はさみには右利き用、左利き用があります。左利きのお子さんには右利き用のはさみは使いづらいです。
他にも大きさが手に合っていない等、お子さんにとって使っている道具自体が使いづらいものの可能性があります。

⑤体幹などの筋力不足

f:id:stellakid01:20190625134111j:plain

人の動作は体幹(胴体部分)の名のとおり、幹の部分から動き出します。
それは指先も例外ではありません。
体幹の筋力がついてくると、眼球運動が細やかになったり、
身体の末端(指など)にも意識が向けられるようになってきます。

⑥視空間認知機能がうまくはたらいていない

視空間認知機能とは、目で見た情報を脳で処理する機能のことです。

・見たい対象と背景の区別
・形や色の弁別
・位置・色・形の不ぞろいに関わりなく同じものだと認識する
・空間的な位置の把握

などのはたらきがあります。

目で見た情報の処理がうまくいかないと、円などの図形が模写できなかったり、イメージがうまくできない為、それが不器用さに繋がっていることがあります。

f:id:stellakid01:20190625134050j:plain
書体は違っても同じ酉

⑦協調運動が苦手

協調運動とは、右手と左手、目や足などの個別の動きを一緒に行う運動のことです。

キャッチボールを例に挙げると、飛んでくるボールを「目で見て」、「左手でキャッチする」ように、目と左手を一緒に動かす必要があります。
協調運動が苦手だと、「目で見る」ことは出来る。「左手でキャッチする」ことも出来る。
ところが、それを一緒に行うことが出来ないということが起こります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

不器用さにも様々な原因があります。
また、一つだけが原因ではなく、それぞれが複雑に絡み合っていることもあります。

今回は不器用さの原因について、概要をお話させて頂きました。
それぞれの詳細や対処法については、また別の機会にお話しさせて頂ければと思います。

当教室では
・読み・書き・文章が苦手
・数字・計算・時計が苦手
・宿題の取り組みが困難
・学校に行きたがらない
・進級・進学が不安
・じっとしていられない
・こだわりが強い
・感情の調整が難しい
・人の気持ちを読むことが難しい
・お友達とのトラブルが多い
・抽象的な表現が苦手
・不器用
・視線が合わない
などの保護者の方々・お子さんの困り感をサポートいたします。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育が受けられます。
まずは市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、児童発達支援事業所と同じく障害児通所支援事業に属する療育施設であり、「放デイ」などの略称で呼ばれる場合もあります。

放課後等デイサービス STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
https://stellakid.yokohama/
児童発達支援事業所 STELLA KID 鶴ヶ峰教室のホームページはこちら
https://www.stellakid.com/
一般社団法人KID-Gのホームページはこちら
https://www.kid-g.com/

住所:横浜市旭区白根5−10−1 AOKIYA BLD 302号室

関連ワード:児童発達支援・放課後等デイサービス・療育・療育センター・通級教室・特別支援教育総合支援センター・小学校が不安・勉強が苦手・運動神経が悪い・保育園・幼稚園・障害・発達障害・自閉症スペクトラム・ASD・注意欠陥多動性障害・ADHD・学習障害・LD・知的障害・グレーゾーン・視線が合わない・先の見通しがないと不安・視覚優位・聴覚優位・感覚過敏・距離が近い・いきしぶり・気持ちが読めない・表情が読めない・空気が読めない・不器用・体幹が弱い・筆圧が弱い・言葉のキャッチボール・マイペース・好きなことだけ話す・語彙が少ない・言葉の遅れ・勝ち負けにこだわる・一番じゃないとだめ・癇癪・感情の調整・クールダウン・アンガーマネジメント・こだわり・友達ができない・チック・おねしょ・偏食・暴力・手が出る・おちつきがない・座っていられない・話を聞けない・忘れ物が多い・儀式的な行動・声の大きさ・個別支援級・特別支援級・自傷

目次
閉じる